set33_l02.gif
アロマテラピーとは お家でアロマテラピー
アロマテラピー精油とは?   アロマテラピーの利用法
     芳香/沐浴/吸入/トリートメント/湿布
   精油とは    アロマテラピー基材
    精油と一緒に使う材料
   精油が働く仕組み    スキンケア
    自分で作れる化粧品などのご紹介
   精油の作用    ホームケア
     お家でできる症状別のケアのご紹介
   精油の種類   生活に役立てる
     アロマテラピーを家事に利用する
 屋外で香りを楽しむ
 アロマテラピー検定
   ・日本香り100選

2005年05月26日

精油の選び方 悩み別に選ぶ

悩み別に精油を選んでみる
*病気の治療を目的とした医療行為ではないので、病気がちの方、健康状態のすぐれない方は医師にご相談を。
アロマテラピー 精油
アロマテラピー 精油眼が疲れた時

ラベンダーユーカリベルガモットレモン

アロマテラピー 精油頭痛の時

ラベンダーベルガモットペパーミントユーカリティートリー

アロマテラピー 精油肩がこった時

ラベンダーユーカリスイートマジョラムローズマリーベルガモット    レモンジュニパーレモングラスローズオットーネロリ

アロマテラピー 精油なかなか寝むれない時

ラベンダーローズオットーネロリスイートマジョラムベルガモット
ユーカリゼラニウムイランイランなど

*ティッシュペーパーやガーゼなどに精油を1滴(1〜2滴が適当)垂らして枕元に置いたり、寝る前にぬるめのお湯に精油を3〜5滴垂らしての入浴も効果的。

アロマテラピー 精油リラックスしたい時、イライラしている時

ラベンダーカモミールイランイランネロリローズ

*アロマポットなどでの香りをたいたり、精油を垂らしたアロマバスでの入浴で気分をおちつけましょう。




posted by アロマテラピー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

精油の選び方 精油ブランドで選ぶ

アロマテラピー


社団法人 日本アロマ環境協会当協会では消費者を保護するとともにアロマテラピーが安全で正しく発展できるよう、精油ブランドを対象にした・表示基準適合精油」認定制度を設けています。詳しくは→
参考にブランド別に精油を楽しむのも。
(社) 日本アロマ環境協会当協会表示基準認定精油をいくつかあげてみました。


カルペパー アロマオイル・精油
75年の伝統ある英国カルペパー社製。51種の精油は各国特定の農場で栽培、厳選された原料より抽出した最高品質の製品です。


GAIA(ガイア) アロマオイル・精油
信頼できる生産者を海外および国内から選択し、高品質の素材を厳選し、最新の生産ロット(バッチ)のものを受け入れます


生活の木 アロマオイル・精油
世界32ヶ国のパートナーファームより直輸入の精油を高管理のもとにボトリングしています。1mlから1000mlまでの幅広いサイズをご用意。パーソナル、プロユースとともにご活用いただけます。



パームツリー アロマオイル・精油
国内外の大手香料会社の強力の元、全世界の優れた精油産地より送られてくる多数のサンプルの中から、自社にて官能検査を行い、品質・香調共に優れたものを厳選し、鮮度確かめながらその都度ボトリングしています


プリヴェイル アロマオイル・精油
10mlの一般サイズで39種類、初心者向けの使いやすい3(2)mlサイズで21種類の2タイプを発売しています。ボトル色はいずれもグリーンです


プリマライフ(プリマヴェーラライフ) アロマオイル・精油アロマテラピー プリマライフ
ドイツ語圏最大の天然精油メーカー。世界各地で有機栽培プロジェクトをすすめ有機農業を一貫して助成することにより、高品質の精油を安定供給しています。


ボルクン

アロマテラピー ボルクン

より多くの方に、もっと気軽にアロマテラピーを楽しんでいただきたい。そんな願いのもと、ミニボトルで特に人気の18種類を厳選しています。初心者から上級者まで幅広い方におすすめ。


マギーティスランド アロマオイル・精油
国際的に著名な英国のアロマテラピー第一人者、マギーティスランドが世界各地の原産地を歩き、厳選した高品質・安全性にこだわった最上級のエッセンシャルオイルです。

ラ・フロリーナ アロマオイル・精油
フィッシャー・リティ氏のセレクトで誕生した個性的なブランドをヴィーゼが引き継ぎました。大部分の精油に分析データを添付。可能な限り有機栽培のものをラインナップ。


posted by アロマテラピー at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

精油の選び方 香りで選ぶ

精油を選ぶ基準はいくつかあると思いますが、自分の好きな香りで選んでみるのもいいと思います。

・花の精油・フローラル系の香り

ラベンダー、 カモミール、 ネロリ、 ローズ、 ジャスミン、 ローズオットー

・樹木の精油・ウッディー系の香り

ジュニパー、 ティートリーユーカリ

・樹脂類の精油・バルサム系の香り

乳香ミルラ

・柑橘系の精油・シトラス系の香り

オレンジ、 グレープフルーツベルガモットレモン

・ハーブの精油・ハーバル系の香り

ペパーミントローズマリークラリセージマージョラム

・エキゾチック・オリエンタル系の香り

イランイランサンダルウッドベチバーパチュリー

・フルーティー・シトラス系の香り

オレンジ、 グレープフルーツベルガモットレモン


posted by アロマテラピー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

アロマテラピー・精油 ローズアブソリュート(Rose abs.)

アロマテラピー 精油

学名(ラテン語)Rosa centifolia(ロサ ケンティフォリア))
科名バラ科
産地の例ブルガリア、モロッコ、トルコ、フランス
抽出部位
抽出方法溶剤抽出法
成分の一例フェニルエチルアルコール、シトロネロール、ゲラニオール、ネオール

香り甘い香り
効用情緒不安定の時や自信喪失の時などに心の安らぎを与え緩和させてくれる。
備考たくさんの花の中からわずかな量しかとれないので大変高価な精油
posted by アロマテラピー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ローズアブソリュート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピー・精油 ローズオットー(Rose 0tto.)

set33_l02.gif

学名(ラテン語)Rosa damascena(ロサ ダマスケナ)
科名バラ科
産地の例ブルガリア、モロッコ、トルコ
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコール、ネロール、酢酸ゲラニル、ダマスコン

香りバラのうっとりした甘い香り
効用情緒を和らげ心を明るくさせ、神経のストレスと緊張を和らげる。

月経前の不快な症状や、月経痛を緩和する

肌をひきしめ、きめを整え、はりをもたせ、炎症を鎮めてくれる
備考たくさんの花の中からわずかな量しかとれないので大変高価な精油。低温で固まる性質をもっていて、固まったら手で温めると液体に戻る。


実際の精油→ローズオットー
posted by アロマテラピー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ・ローズオットー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピー・精油 ローズマリー(Rosemary.)

アロマテラピー 精油


学名(ラテン語)Rosmarinus officinalis(ロスマリヌス オフィキナリス)
科名シソ科
産地の例フランス、チュニジア、スペイン、ポルトガル、イタリア、モロッコ、アメリカ
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例1,8シネオール、α-ピネン、カンファー、カンフェン

香り強い樟脳のような香り
効用刺激作用・頭脳明晰作用があり、心身の感覚を目覚めさせる。精神的過労・無気力・記憶力減退の改善に役立つ。血液循環をよくし、発汗作用・利尿作用があるので老廃物を除去する

筋肉痛・痛風・リウマチ痛などを緩和する。
美容若返りの水(ハンガリアンウォーター)の主要成分であり、収れん作用をもち、肌をひしめ、脂性肌に効果がある。
備考学名のRosmarinusは(海のしずく)という意味で マリー(マリア様)とローズ(バラ)を合わせて マリア様のバラ というニックネームもある。


実際の精油→ローズマリー(エッセンシャルオイル)
posted by アロマテラピー at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ローズマリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。