2005年05月22日

アロマテラピー・精油 ローズオットー(Rose 0tto.)

set33_l02.gif

学名(ラテン語)Rosa damascena(ロサ ダマスケナ)
科名バラ科
産地の例ブルガリア、モロッコ、トルコ
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコール、ネロール、酢酸ゲラニル、ダマスコン

香りバラのうっとりした甘い香り
効用情緒を和らげ心を明るくさせ、神経のストレスと緊張を和らげる。

月経前の不快な症状や、月経痛を緩和する

肌をひきしめ、きめを整え、はりをもたせ、炎症を鎮めてくれる
備考たくさんの花の中からわずかな量しかとれないので大変高価な精油。低温で固まる性質をもっていて、固まったら手で温めると液体に戻る。


実際の精油→ローズオットー


posted by アロマテラピー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ・ローズオットー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。