2005年06月02日

精油の選び方 悩み別に選ぶ

set33_i01.gif風邪気味の時は

ラベンダージュニパーユーカリティートリーサンダルウッドペパーミントなど

*汗を出して楽になるにはジュニパー精油で足浴法を。
ユーカリ精油の芳香浴法だけでも楽になります。のどの痛みにはユーカリ・ティートリー・サンダルウッド精油などの蒸気吸入法を。鼻づまりにはペパーミント精油を用いて吸入するとすっきり。


set33_i01.gifせきには

ローズオットーカモミール・ローマンユーカリスイートマジョラムローズマリーペパーミントレモングラスなど

*ユーカリ精油の入ったトリートメントオイルやミツロウを背中や胸に軽く擦り込みます。蒸気吸入法はせきを誘発する場合があるので避けたほうがよいでしょう


set33_i01.gifのどの痛み

カモミール・ローマンラベンダージュニパーなど

*風邪が原因のさ場合、ティートリー・ユーカリ・ラベンダー精油などの蒸気吸入法を。サンダルウッドとユーカリ精油のトリートメントオイルをのど周辺に軽く擦り込む方法もあります。

set33_i01.gif鼻づまりには

ユーカリペパーミントラベンダーなど

*ユーカリ・ペパーミント精油をティッシュペーパーなどに含ませて吸入法を行うか、ぬるま湯での蒸気吸入法もいいでしょう。
後頭部、首の後ろ、鼻そのものにするのも効果的。
鼻づまりが原因の頭重感がある場合はラベンダー精油での後頭部の温湿布法が効果的。


posted by アロマテラピー at 23:05| Comment(31) | TrackBack(6) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

精油の選び方 悩み別に選ぶ

set33_i01.gif冷え性の方には

ラベンダージュニパーゼラニウムローズマリーなど

*全身浴、足浴、温まった後に冷たいシャワーでひきしめ、手足の血液循環をよくします。ラベンダー・ジュニパー・ローズマリー精油でのトリートメント法も効果的です。


set33_i01.gifちょっとダイエットしたい時
グレープフルーツジュニパーサイプレスなど

*グレープフルーツ精油をお風呂に(3〜5滴)落としての入浴など。


set33_i01.gif便秘のお悩みに

ローズオットーカモミール・ローマンユーカリスイートマジョラムローズマリーペパーミント、、レモングラスなど

*便秘になったらおへその周辺、肋骨の下、みぞおちなどおなかの内部までゆっくりと動かすようにトリートメントします。おへその上の温湿布も効果的。トメント法を行う。首や肩、背中が張ったら温湿布法を。

set33_i01.gif下痢気味の時


カモミール・ローマンラベンダージュニパーなど

*風邪やクーラーの身体の冷えによる下痢はジュニパーとラベンダー精油をブレンドして足浴法で汗をだしたり、腹部を温めるといいでしょう。
おへその上や腹部の冷たいと感じるところはカモミール・ローマンやラベンダー精油などで温湿布します。これはストレスが原因の下痢にも効果的です。月経前症候群として下痢や便秘の症状がある場合は、下腹部と腰部のトリートメントか効果的です。



posted by アロマテラピー at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

精油の選び方 悩み別に選ぶ

悩み別に精油を選んでみる
*病気の治療を目的とした医療行為ではないので、病気がちの方、健康状態のすぐれない方は医師にご相談を。

アロマテラピー 精油集中したい時

ローズマリーペパーミントベルガモットレモンティートリーユーカリなど

アロマテラピー 精油やる気が出ない時、元気になりたい時
ベルガモットレモンペパーミントローズマリーなど
*アロマポットで精油をたいたり、マグカップに熱湯を入れ、精油を落としてその蒸気で香りを楽しんで。

アロマテラピー 精油ホルモンのバランスを整えたい時
ラベンダークラリセージジュニパーゼラニウムローズオットー
*アロマポットで精油をたいたり、お風呂に精油を3〜5滴落としての入浴などで気分を落ちつけて。


posted by アロマテラピー at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

精油の選び方 悩み別に選ぶ

悩み別に精油を選んでみる
*病気の治療を目的とした医療行為ではないので、病気がちの方、健康状態のすぐれない方は医師にご相談を。
アロマテラピー 精油
アロマテラピー 精油眼が疲れた時

ラベンダーユーカリベルガモットレモン

アロマテラピー 精油頭痛の時

ラベンダーベルガモットペパーミントユーカリティートリー

アロマテラピー 精油肩がこった時

ラベンダーユーカリスイートマジョラムローズマリーベルガモット    レモンジュニパーレモングラスローズオットーネロリ

アロマテラピー 精油なかなか寝むれない時

ラベンダーローズオットーネロリスイートマジョラムベルガモット
ユーカリゼラニウムイランイランなど

*ティッシュペーパーやガーゼなどに精油を1滴(1〜2滴が適当)垂らして枕元に置いたり、寝る前にぬるめのお湯に精油を3〜5滴垂らしての入浴も効果的。

アロマテラピー 精油リラックスしたい時、イライラしている時

ラベンダーカモミールイランイランネロリローズ

*アロマポットなどでの香りをたいたり、精油を垂らしたアロマバスでの入浴で気分をおちつけましょう。


posted by アロマテラピー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

精油の選び方 精油ブランドで選ぶ

アロマテラピー


社団法人 日本アロマ環境協会当協会では消費者を保護するとともにアロマテラピーが安全で正しく発展できるよう、精油ブランドを対象にした・表示基準適合精油」認定制度を設けています。詳しくは→
参考にブランド別に精油を楽しむのも。
(社) 日本アロマ環境協会当協会表示基準認定精油をいくつかあげてみました。


カルペパー アロマオイル・精油
75年の伝統ある英国カルペパー社製。51種の精油は各国特定の農場で栽培、厳選された原料より抽出した最高品質の製品です。


GAIA(ガイア) アロマオイル・精油
信頼できる生産者を海外および国内から選択し、高品質の素材を厳選し、最新の生産ロット(バッチ)のものを受け入れます


生活の木 アロマオイル・精油
世界32ヶ国のパートナーファームより直輸入の精油を高管理のもとにボトリングしています。1mlから1000mlまでの幅広いサイズをご用意。パーソナル、プロユースとともにご活用いただけます。



パームツリー アロマオイル・精油
国内外の大手香料会社の強力の元、全世界の優れた精油産地より送られてくる多数のサンプルの中から、自社にて官能検査を行い、品質・香調共に優れたものを厳選し、鮮度確かめながらその都度ボトリングしています


プリヴェイル アロマオイル・精油
10mlの一般サイズで39種類、初心者向けの使いやすい3(2)mlサイズで21種類の2タイプを発売しています。ボトル色はいずれもグリーンです


プリマライフ(プリマヴェーラライフ) アロマオイル・精油アロマテラピー プリマライフ
ドイツ語圏最大の天然精油メーカー。世界各地で有機栽培プロジェクトをすすめ有機農業を一貫して助成することにより、高品質の精油を安定供給しています。


ボルクン

アロマテラピー ボルクン

より多くの方に、もっと気軽にアロマテラピーを楽しんでいただきたい。そんな願いのもと、ミニボトルで特に人気の18種類を厳選しています。初心者から上級者まで幅広い方におすすめ。


マギーティスランド アロマオイル・精油
国際的に著名な英国のアロマテラピー第一人者、マギーティスランドが世界各地の原産地を歩き、厳選した高品質・安全性にこだわった最上級のエッセンシャルオイルです。

ラ・フロリーナ アロマオイル・精油
フィッシャー・リティ氏のセレクトで誕生した個性的なブランドをヴィーゼが引き継ぎました。大部分の精油に分析データを添付。可能な限り有機栽培のものをラインナップ。


posted by アロマテラピー at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

精油の選び方 香りで選ぶ

精油を選ぶ基準はいくつかあると思いますが、自分の好きな香りで選んでみるのもいいと思います。

・花の精油・フローラル系の香り

ラベンダー、 カモミール、 ネロリ、 ローズ、 ジャスミン、 ローズオットー

・樹木の精油・ウッディー系の香り

ジュニパー、 ティートリーユーカリ

・樹脂類の精油・バルサム系の香り

乳香ミルラ

・柑橘系の精油・シトラス系の香り

オレンジ、 グレープフルーツベルガモットレモン

・ハーブの精油・ハーバル系の香り

ペパーミントローズマリークラリセージマージョラム

・エキゾチック・オリエンタル系の香り

イランイランサンダルウッドベチバーパチュリー

・フルーティー・シトラス系の香り

オレンジ、 グレープフルーツベルガモットレモン


posted by アロマテラピー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | *精油の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。