2005年04月23日

アロマテラピーでホームケア

アロマテラピー

それぞれの症状により家庭で簡単にできるケアを紹介します

寝つきを良くしたい
方法:芳香浴、沐浴法(全身浴、手浴)、トリートメント法など(詳しくは→)

精油:ラベンダーが最適といわれていますが、リラックスできる香りならOK.。ローズオットーネロリスイートマジョラムベルガモットユーカリゼラニウムイランイランなど

*ティッシュペーパーやガーゼなどに精油を1滴(1〜2滴が適当)落として枕元に置く。夜中に目が覚めて寝つけない時などは手浴法を、時間があれば芳香浴法やトリートメント法も効果的。


元気を出したい

方法:芳香浴、沐浴法(全身浴、手浴、足浴)など。

精油:ベルガモットレモンペパーミントローズマリー

*マグカップなどの容器に精油を落として蒸気で香りを広げる
アロマライトなどの専用器具で芳香浴法をする
勉強デスクワークでのリフレッシュには手浴法で首・肩・腕の緊張を緩める。クーラーの効きすぎや冷えの身体のだるさには足浴・全身浴法で汗を出す。目覚めたいとき、元気を出したいときの全身浴は熱めの湯で短時間に


気持ちを落ち着けたい

方法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)、温湿布法など

精油:ネロリ、ローズオットー、スイートマジョラム、ティートリー、ベルガモット、レモン、サンダルウッド(うつ気味の方は避けたほうがいい)、ラベンダー、ゼラニウム、カモミール、ローマンなど

*芳香浴法やトリートメントとして手首に少量塗布。
おなかや手足・頭などに軽いトリートメント法などを。
気持ちが高ぶったり、感情が抑えきれないときはおなかに温湿布をすると緊張を緩め安心感が得られます


posted by アロマテラピー at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ・アロマテラピーホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピーでホームケア

アロマテラピー

頭痛には

方法:芳香浴、温湿布法、トリートメント法、沐浴法(全身浴、手浴、足浴)など

精油:ラベンダー、ベルガモット、ペパーミント、ユーカリ、ティートリーなど

*ストレスや疲労が原因の頭痛は、ベッドサイドでラベンダー、ペパーミント、ベルガモット精油などの芳香浴法を。
肩や首の緊張からくる場合は、手浴法や温湿布法で硬くなった筋肉を緩めます。冷えや風邪が原因の場合は全身保温に気をつけながら足浴法により汗をだすといいでしょう。ラベンダー・ペパーミント精油のトリートメントオイルをこめかみや首に塗布し、肩への軽いトリートメント法を短時間で。偏頭痛にはラベンダーではなくミントがおすすめです。


肩こり

方法:温湿布法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)、芳香浴法、など

精油:ラベンダー、ユーカリ、スイートマジョラム、ローズマリー、ベルガモット
    レモン、ジュニパー、レモングラス、ローズオットー、ネロリなど

*首や肩、背中が張ったら温湿布法を。
眼精疲労が原因の肩こりは目の周りや側頭部、後頭部を押して刺激するのも効果的。手浴法も効果的です。
就寝前には芳香浴法で気分転換を。、軽いストレッチを行うと肩こりの緩和になります。


腰痛

方法:温湿布法、トリートメント法、沐浴法(全身浴)など

精油:ラベンダー、ユーカリ、ローズマリー、ジュニパー、レモングラス
    ペパーミントなど

*疲労や姿勢が原因の腰痛は、緊張した筋肉・関節を緩める為に、温湿布法や腰にトリートメント法が効果的。トリートメントは腰だけでなく、下半身全体に行うとより効果的です。


目の疲れ

方法:芳香浴法、温湿布法、、沐浴法(手浴法)など

精油:ラベンダー、ユーカリ、ベルガモット、レモンなど

*ラベンダー精油で、眼部、後頭部、首のつけ根、肩甲骨の内縁部に温湿布を行います。
ベルガモットやユーカリ精油などリフレッシュ効果のある精油で手浴法をし、首や肩をあた緩めるのも効果的です。
posted by アロマテラピー at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ・アロマテラピーホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピーでホームケア

set33_l02.gif

冷え性には

方法:トリートメント法、沐浴法(全身浴、足浴)など

精油:ラベンダー、ジュニパー、ゼラニウム、ローズマリーなど

*全身浴、足浴、温まった後に冷たいシャワーでひきしめ、手足の血液循環をよくします。ラベンダー・ジュニパー・ローズマリー精油でのトリートメント法も効果的です。
月経による冷え性の場合、生殖器関連領域(下腹部・骨盤部)と腰部のトリートメントを。


便秘のお悩みに

方法:温湿布法、トリートメント法など

精油:ローズオットー、カモミール・ローマン、ユーカリ、スイートマジョラム、ローズマリー、ペパーミント、、レモングラスなど

*便秘になったらおへその周辺、肋骨の下、みぞおちなどおなかの内部までゆっくりと動かすようにトリートメントします。おへその上の温湿布も効果的。トメント法を行う。首や肩、背中が張ったら温湿布法を。
眼精疲労が原因の肩こりは目の周りや側頭部、後頭部を押して刺激するのも効果的。手浴法も効果的です。
就寝前には芳香浴法で気分転換を。、軽いストレッチを行うと肩こりの緩和になります。


下痢

方法:温湿布法、沐浴法(足浴)など

精油:カモミール・ローマン、ラベンダー、ジュニパーなど

*風邪やクーラーの身体の冷えによる下痢はジュニパーとラベンダー精油をブレンドして足浴法で汗をだしたり、腹部を温めるといいでしょう。
おへその上や腹部の冷たいと感じるところはカモミール・ローマンやラベンダー精油などで温湿布します。これはストレスが原因の下痢にも効果的です。月経前症候群として下痢や便秘の症状がある場合は、下腹部と腰部のトリートメントか効果的です。
posted by アロマテラピー at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ・アロマテラピーホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピーでホームケア

アロマテラピー

風邪気味の時は

方法:沐浴法(足浴)、トリートメント法、吸入法(蒸気吸入法)など

精油:ラベンダー、ジュニパー、ユーカリ、ティートリー、サンダルウッド、ペパーミントなど

*汗を出して楽になるにはジュニパー精油で足浴法を行います。
筋肉の強張りを感じるときはユーカリ精油の入ったトリートメントオイルやミツロウを背中や胸によく擦り込みます。ユーカリ精油の芳香浴法だけでも楽になります。
のどの痛みにはユーカリ・ティートリー・サンダルウッド精油などの蒸気吸入法を。
鼻づまりにはペパーミント精油を用いて吸入法を行います。


せきには

方法:トリートメント法など

精油:ローズオットー、カモミール・ローマン・ユーカリ・スイートマジョラム・ローズマリー・ペパーミント・レモングラスなど

*ユーカリ精油の入ったトリートメントオイルやミツロウを背中や胸に軽く擦り込みます。便秘になったらおへその周辺、肋骨の下、みぞおちなどおなかの内部までゆっくりと動かすようにトリートメントします。

蒸気吸入法はせきを誘発する場合があるので避けたほうがよいでしょう


のどの痛み

方法:吸入法(蒸気吸入法)、トリートメント法、沐浴法(足浴)など

精油:カモミール・ローマン、ラベンダー、ジュニパーなど

*風邪が原因のさ場合、ティートリー・ユーカリ・ラベンダー精油などの蒸気吸入法を。サンダルウッドとユーカリ精油のトリートメントオイルをのど周辺に軽く擦り込む方法もあります。
ジュニパー精油など発刊作用のある精油を中心にブレンドした足浴で尿の排泄を促すのも効果的です


鼻づまりには

方法:吸入法、温湿布法など

精油:ユーカリ、ペパーミント、ラベンダーなど

*ユーカリ・ペパーミント精油をティッシュペーパーなどに含ませて吸入法を行うか、ぬるま湯での蒸気吸入法もいいでしょう。
後頭部、首の後ろ、鼻そのものにするのも効果的。
鼻づまりが原因の頭重感がある場合はラベンダー精油での後頭部の温湿布法が効果的。
posted by アロマテラピー at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ・アロマテラピーホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピーでホームケア

アロマテラピー

アロマテラピー花粉症のお悩みに

方法:沐浴法(手浴)、温湿布法、吸入法など

精油:ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモンなど

*ペパーミント・ユーカリ精油の吸入法が効果的です。ラベンダー・レモン精油などを加えた精油を持ち歩いて必要なときに吸入するのも。
家庭・オフィスなどではぬるま湯で蒸気吸入法をしてもいいでしょう。
頭痛・頭重感が伴うときはラベンダー精油を用いて後頭部・眼部・首の後ろ・鼻部への温湿布法も。

筋肉痛に

方法:トリートメント法、沐浴法(全身浴)、温湿布法など

精油:ユーカリ・スイートマジョラム・ローズマリー・ペパーミント・レモングラス、ジュニパー、ラベンダー、ゼラニウムなど

*強張った筋肉にはローズマリー・ペパーミント・ユーカリ・レモングラス・ジュニパー・スイートマジョラム・ラベンダー精油などでトリートメントを軽い刺激で行うといいでしょう。
慢性的に硬くなった筋肉にはラベンダーを中心に鎮静作用のある精油で温湿布法を行うといいでしょう。

月経のお悩みに

方法:芳香浴法、、トリートメント法、沐浴法(全身浴、足浴)など

精油:ラベンダー、クラリセージ、ジュニパー、ゼラニウム、ローズオットー、イランイランなど

*月経痛や月経前症候群、月経リズムの乱れには、ラベンダー・クラリセージ・ジュニパー・ゼラニウム・ローズオットー精油などをトリートメントで
下腹部(恥骨上)や下背部(仙骨上)に塗布し、丁寧に擦り込みます。その上から温湿布をしてもいいでしょう。
posted by アロマテラピー at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ・アロマテラピーホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。