2005年04月23日

アロマテラピー・精油 レモングラス(Lemongrass)

アロマテラピー

学名(ラテン語)Cymbopogon citratus(キンボポゴンキトラトス)
科名イネ科
産地の例インド、ブラジル、西インド諸島、スリランカ、中国、グアテマラ、ネパール、インドネシア、オーストラリア、プータン、エジプト
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例リモネン、シトラール、シトラネロール、リナロール


香り鮮烈なレモンのような香り
効用心に元気を与えてくれる。

食欲増進・ストレス解消に。

筋肉の炎症や痛みをとるので、スポーツ後の疲労回復や肩こり、神経痛に役立つ。

虫が忌避するシトラール、シトロネラールを含むので虫除けとしても使われる。
備考シトラールなどの成分は敏感な肌に刺激を与えることがあるので注意して使用してください。


精油紹介
Prevail

アロマ 精油 レモングラス
日本環境協会表示基準認定適合精油

その他の精油→レモンバーム(エッセンシャルオイル)


posted by アロマテラピー at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ・レモングラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。