2005年04月23日

アロマテラピー・精油 ユーカリ(Eucalyptus)

アロマテラピー

学名(ラテン語)Eucalyptus globulus(エウカリプトウス グロブルス)
科名フトモモ科
産地の例オーストラリア、スペイン、中国、南アフリカ、ポルトガル、マダガスカル、フランス
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例1,8シネオール、αピネン


香りさわやかなすっきりとした香り
効用意識を明晰にし、集中力を促す。

抗ウィルス作用、殺菌作用、消炎作用、鎮痛作用に優れている。

花粉症・風邪による鼻水、痰、せきの軽減やのどの痛み、各種感染症に有効。筋肉痛、打撲の痛みを和らげ治療を早める効果もあり。

殺菌作用が強いがティートリーよりも比較的清涼感があるので室内香としても適している


Prevail

アロマ 精油 ユーカリ
日本アロマ環境協会表示基準認定適合精油

実際の精油を見てみる→ユーカリ


posted by アロマテラピー at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ユーカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。