2005年04月23日

アロマテラピー・精油 メリッサ(レモンバーム)(Melissa/Lemon Balm)

アロマテラピー

学名(ラテン語)Melissa officinalis(メリッサ オフィキナリス)
科名シソ科
産地の例フランス、アイルランド、ドイツ、イギリス、エジプト、スペイン、イタリア
抽出部位花と葉
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例リナロール、ゲラニオール、シトラール、シトロネラール


香り草のみずみずしさのあるレモンのフレッシュな香り
効用感情起伏のバランスをとり、混乱した心を穏やかに、陽気に楽しくしてくれる。

皮膚や呼吸器などのアレルギー性トラブルを改善する精油。


実際の精油を見てみる→
メリッサ(エッセンシャルオイル)


posted by アロマテラピー at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ・メリッサ(レモンバーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。