2005年04月23日

アロマテラピー・精油 ミルラ(マー・没薬)(Myrrh)

アロマテラピー

Prevail

アロマ 精油 没薬(ミルラ
日本アロマテラピー協会(AAJ)表示基準認定適合精油

アロマテラピー

学名(ラテン語)Commiphora myrrha(コンミフォラ ミルラ)
科名カンラン科
産地の例エジプト、ソマリア、モロッコ、エチオピア、エリトリア
抽出部位樹脂
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例クミンアルデヒド、リモネン、ピネン、オイゲノール

香り甘い香り
効用気分を落ち着かせ、精神を研ぎ澄ます作用がある
備考古代エジプト人は優れた殺菌作用を利用してミイラづくりに使用した。新約聖書イエスキリスト誕生物語で乳香とともにささげられた香りとして有名


実際の精油を見てみる→ミルラ


posted by アロマテラピー at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ミルラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。