2005年04月23日

アロマテラピー・精油 ベチバー(Vetiver)

アロマテラピー

学名(ラテン語)Vetiveria zizanioides(ウェティウェア ジザニオイデス)
科名イネ科
産地の例インド、タヒチ、ハイチ、インドネシア、エルサルバトル、中国
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例ベチベロール、ベチボン、ベチベロン、ベチベン


香り土を連想させるスモーキーな香り
効用他の精油に加えることで香りを持続させる

深くリラックスさせる鎮静作用がある

血液循環を活発にし、筋肉痛・疲労回復に役立つ
美容スキンケアに用いられる


実際の精油を見てみる→ベチバー


posted by アロマテラピー at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ベチパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。