2005年04月23日

アロマテラピー・精油 ペパーミント(Peppermint)

アロマテラピー


学名(ラテン語)Mentha piperita(メンタ ピパリタ)
科名シソ科
地の例アメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリア、フランス、インド、中国、スペイン、ブラジル
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例メントール、メントン、1,8シネオール、イソメントン


香りはっかのすっきりとした清涼感ある香り
効用頭をすっきりさせ、気分をリフレッシュしたり、精神疲労や眠気をぬぐい去ってくれる胃腸系の不調にも効果がある。

吐き気、乗り物酔い、時差ぼけ、頭痛、花粉症、鼻づまりに用いられる


精油紹介
Prevail

アロマ 精油 ペパーミント
日本アロマ環境協会表示基準認定適合精油

その他の精油も見てみる→ペパーミント(エッセンシャルオイル)


posted by アロマテラピー at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ペパーミント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。