2005年04月23日

アロマテラピー・精油 パチュリ(Patchouli)

アロマテラピー


学名(ラテン語)pogostemon cablin(ボゴステモン・カブリン)
科名シソ科
産地の例インド、マレーシア、ミャンマー、パラグアイ、インドネシア、アメリカ、ブラジル
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
成分の一例パチュリアルコール、パチュレン、ブルネセン


香り墨汁を思わせるスモーキーな落ち着いた香り
効用感情のバランスをとり、イライラによる過剰な食欲を抑制する働きがある。

パチュリを他の精油に加えることで香りを長く保つことができる。


精油紹介

Prevail

アロマ 精油 パチュリ
日本アロマ環境協会表示基準認定適合精油

その他の精油も見てみる→パチュリー


posted by アロマテラピー at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ・パチュリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。